FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やった~当たりました!11.02.23


今度はゴールド・ケーキフォーク GETしました!
カレーでおなじみのオリエンタルより送られて着ました。
昨年のゴールドフォークに次ぐ当選です。
2つ並べると親子のようでかわいいです...
抽選はがき送ること2回!今のところ空クジ無しです(笑)
憧れのゴールド・カレースプーンが当たるまで頑張って応募します。
これからもオリエンタル愛好します。
幼少の頃みんなものまねしたCM♪
「めちゃ!めちゃ!うめーでェいがんわ」
「オリエンタル・スナックカレー」・・・
「みんなーウファウファ!ウファウファ!喜ぶよ」
「ハヤシもあるでよー」♪
http://www.oriental-curry.co.jp/more/cm.html
俳優:南利明さんのCM懐かしい~
スポンサーサイト

「授賞式行ってきました」11.02.19


厳粛な式典で驚きました。

もっと簡素なものと思ってたんで会場に入ってびっくり!
「ラフな服装していかなくて良かったです!ほんと...」
受賞者の方々も全員休むことなく出席です。
「すごい!」
しかも全員正装です。
「すごい!当たり前かな?」
協会の会長・来賓の方々の挨拶が終わり
いよいよ授賞式です!
「緊張。緊張」
もちろん大賞の方からです。
美術部門はなんと!現役の大学院生!
「すごい!」
あれ位の頃の僕は遊ぶ事か異性の事しか考えてなかったです(涙)

順番に壇上に上がり授賞されていきます。
そのうちちょっと?気付くいた。
「賞状がいろんな形がある!」
大きいの小さいの。横型・縦型。
「そうか~各行政や各団体から出てるんやな」
とうとう僕の番。
「どうか神様かっこ良いのくださいね!」

「やった~!横型のいい感じ」
しょうもない事ばかり気になります。
授賞式が無事終わり、22年度の功労賞の受賞式もありました。

高価そうな副賞まで頂いた上、会食の親睦会もあり満足!満足!
知合いの方や友人も沢山会場に足を運んでくれました。
嬉しい一日となりました。
本当にありがとうございました。

僕の周りの「もの作り大好き!」さんへ
少しはこれからの励みになりましたか?素人でも頑張ればどうにか?なりそうですね。
来年は是非みんなで出品しましょう!

とりあえず「プロのようにはいきませんけど」の第一弾は無事に終われそうです。
「しょうもない事気になっても?賞もある!」
しょうもないオチが出たところでこの編は終わります... by ☆の軍曹

「うれしいお知らせがありました!」11.02.14

展覧会から電話がかかってきました

相手「入賞しましたよ!おめでとうございます。」
僕「あっ!そうですか。ありがとうございます。」
     (やった!やった!入選や!)
相手「19日の授賞式ですが来ていただけますか?」
僕「入選でも授賞式あるんですか?」
相手「違いますよ?入賞されています」
僕「え~!ほんま?」

やりました!幸せです。
初めてなんで入選出来たら?と思ってたんで
本当にうれしいです。
久しぶりにス~とした気分です。

「記念すべき第一弾!」
出鼻ずっこけてお涙ちょうだいデビューにならなくて良かったです。

今年は奥さま以外に素敵な女性からチョコレートもらい喜んでいたのに...
その上に入賞なんて!思い出深いバレンタインデーとなりました。

では次回は授賞式の模様をUPします。http://www.o-kogei.jp/

「さぁ!出陣」11.02.09

とうとう本番の日
少しドキドキしながら会場に車で向かいます。
天気はあいにくの雨・・・
作品搬入は午前10時~午後0時まで。
到着したのが受付終了15分前。ヤバイ駆け足!
脚が縺れそうになりながらギリギリ間に合いました(笑)
受付を済ませて指示された所定の審査場所に移動。

美術工芸部門・産業工芸部門・クラフト部門の3部門に分かれているようです。
クラフト部門の木工ブースに設置しました。
木工での出展は10~12点くらい?
「木工の中からなら可能性あるな!」などと思いながら会場内をひと回り。
木工以外もたくさんのクラフト作品。
「しかし色々なるな!」
そして素人の僕でもうなずく作品!
「凄い!凄すぎる!」
「これ美術部門ちゃの?」ズルイ!
僕が習う教室の先生作品が有って
先生もニコニコ説明している。
「これプロやん!」これもズルイ!
ほんまズル過ぎる...

「そうか!プロ・アマ問わずか?」
そんな事もわかっていない自分に反省と戸惑いながら。

この頃には僕の密かな思いも崩れさっていました。

「あかん!これはあまない...洒落ならん?帰えろ~」
審査される方らしい人にふかぶか頭を下げ退散いたしました。退却~

やっぱり何事も下調べはしないといけません。
のりと勢いだけではこの手の壁はぶち破れませんね。

後は日頃の行いを信じ神頼みあるのみ...(氏神さまへダッシュ~)

さて今回の挑戦どうなるか?
結果は次回!!!

「図面UPしました。」11.02.03

円椅子図面
文字が小さくて判り難いですがこの様な図面を作成しました。

この図面を元に加工するのですが
今回の製作で苦労した事が2点ありました。
「1点目」
座面内側のすり鉢状の削り出し加工でした。
まずは6mmベニヤで円形の定規を作成し
それにそってトリマーで削ります。
このために先端にベアリング無タイプの
トリマービットを購入しました。
最終仕上りラインの2mm程度手前で終わります。


左:ベアリング付トリマービット、左:ベアリング無タイプ

なんで2mm手前ですって!
これ以上トリマーを使うとへたくそな僕は
手が滑って「やってもうた!」と成りかねない。
必要以上に削りすぎて一環の終わりです。
寸止め!とはいきません。

次はステーパー作り。
ステンレス板を仕上り断面の円形に切断します。
これでひたすらガリガリ削ります。
手の力だけで2mm!削るのはほんと至難の業です。
途中「もうちょっとトリマーで削ったら楽やで?」なんて
もう一人の自分が囁いてきます。
誘惑に負けず・・・とにかくひたすら円を描く動きをしながら中心に向かって
ガリガリ!明けても暮れてもガリガリ!
この作業完全に嫌になりました!

「2点目」
足置きのワッカ(ラミネート)の製作。
最初に集成材でかしめ用の外円枠、内円枠を製作します。
2mmにスライスした材料12枚を外円枠の内側に接着剤塗りながら
1枚ずつ順番にはめ込んでいきます。
内側に進むにつれ円周が小さくなるので
長さをカットしながら慎重にはめこんでいきます。
12枚終わったら内円枠を入れてL型クランプで4箇所かしめて乾燥準備。
後は乾くのを待つだけ。
ふ~終わった...

「今回の反省~」
ラミネート製作の際、速乾ボンドを使用しましたが
すぐ固まって調整しにくかったです。
(手には付くわ!材に付くわ!で大変!もうイヤ!)
やはり材を水につけた上に
速攻でないタイプの木工ボンドを使えばよかったと反省しました。
接着力が多少下がりますがボンドの粘度を水で調整する方法も良いかもしれません。
太さが24mm12枚も入れないといけないので作業にかなり時間がかかります。
固まる速度を出来るだけ遅くしないと正円のラミネートは難しいです。
(これから自動車のハンドルを作ろうと思う方は必読ですよ...そんなヤツおらんわな。笑)

「その他」
大体順調で
脚は木工用の旋盤でガリガリ削ります。
(ほんと早い!)

座面外側の円錐カットはピンが付いた斜めの台を作成。
座面中心にピンの入る穴を開けて材を差し込んで
バンドソーの歯に切断位置が垂直に当たるよう台を固定して
スイッチ~ON!
ハンドルを手で回すように回転させながら切断。
(レコードをピンに刺し手で回すようなイメージ)
これ結構うまくいきました。
「やった!簡単、簡単!」

その他の作業は長くなるんで割愛。

各パーツを結合して、ペーパー掛してオイルとワックス塗って完成。
やっと出来た。
「やっと出来た!」と「やってもうた!」は大違いです(笑)
プロフィール

Ciao! Ciao!     ☆の軍曹

Author:Ciao! Ciao!     ☆の軍曹
他人からは「多趣味ですネ」と言われるけど
本人はぜんぜんそうは思ってない。
もう少し深く育みたい!
これから起こるいろんな体験を
ブログで紹介しようと思います。
Buona giornata!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。