FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完璧ではないですが。2012.10.08

図面の通りとはいきませんが上手く削れました。

大体の部分は削り落としましたが
ジグのピン(針)のセンターが少しでも歪んでいると駄目ですね。
円錐形に削れていきます。



作業はトリマーを使うので確かに楽ですが
これ以上やっていると「やっちまった!」と
パラソルチョコレートみたいな形になりそうなので
この辺でトリマー作業はやめることにします(笑)


後は手作業で削ります。
通常は使いませんが#40の荒い布ヤスリでトリマーで削り残した凸凹部分を落とします。
段差が消えてきたら今度は#60の荒い紙ヤスリでもう少し平坦に。
次は#120番でさらに滑らかに。
まだ最終では無いですが、とりあえずは削り込みは終わりです。
最終の研磨はキャビネット完成後もう一度仕上ます。
手作業開始。3連休の中日を利用して作業します。
ひたすら削るだけ...
「1・2~1・2~」「ツー・フォー・シックス・エイト by CKB」
「大体こんな感じかな?」「ああ!しんど~」


 
右側の2本は前脚(3/4円型)で左側の2本は後脚は(1/2円型)です。
まぁまぁ上手く削れた気がします(嬉)
来週からは側板を脚にはめて本体作りに突入します。
まだまだ道は長い...


スポンサーサイト

あれから~10年か?2012.10.05

ブログ
ガレージ シャッターのモーターが壊れました。
いつも通り玄関を出て開閉スイッチをON!
「あれれ~?おかしい、停電か?」
開きません!え~!車出せません(涙)ど~しよう?
打合せに行かないといけないのに...(半泣き状態!)
冷静になって再度スイッチをON!まったく動きません。(途方に暮れる!)
恐れていた事が起こってしまいました。(とうとう来たか...)

仕方なく手動で挑戦します。
扉の重さ80kg「おりゃ~」と言っても開きません。
仕方なく友人呼んで開けました。(すいません!)

自宅を建築したのが10年前!
もうそんなに経ったのかと思う位時間の流れの速さに驚かされてしまいます。
とっ!思うのもつかの間。
これはアメリカから個人で通販で購入した品物。
日本の大手シャッターメーカーで販売していますがベルト駆動の物オンリー。
僕のはチェーン駆動のものなので合いません。

国内で修理業者を探すと全然ない?
「あった!どこや~?エ~」北海道のようです。
出張修理?無理無理!
では新品買って交換。
何々うむ~ん?何と10数万!
そりゃ無理や!
円高の時期 現地で購入出来たら2万でもおつりがくる。
しゃーない!海外通販で買って自分で取付るしな道はない!


現在使っているのが
CHAMBERLAIN
Lift Master のMODEL 2265
1/2HP(0.5馬力の意味)120V 60Hzっていうやつです。

さて?
ぴったり合うの有りますかね?型・サイズほんま合うんやろか?凄く不安...
最初にこのモーターを取付た時、本当に苦労したのを思い出しました。
マニュアルには簡単そうにアメリカらしく書いてますが
設置に位置や高さに遊びがなく
モーターの下地をアングルで作って
2~3人で持ち上げてもう一人が溶接して何とか設置した経緯が有ります。

「もしモーターの寸法や駆動位置とか!変わっていたら全てやりかえなあかん!」
とにかくメーカーのHPでチェック!
「やはり2265は廃盤 それに変わるのは3265 or 3255」
「どないちゃうねん?」
「英訳しんどいな フ~」
アメリカ製品はあまり規格を変えない商品が多いので
もしかしたら同じかも?
「どうも3265はサイズ同じやな?」
でも慎重には慎重を重ねます。
そらそ~です。合わないモーター持っても何にも幸せにはなりませんからね。

もう調べることが無くなる位調べました。もし間違っていても悔いは有りません。
少し手が震えます。通販カートをクリック!1台ちょ~だい(笑)
一番易い送料のを選んでもう一回クリック!早く着てね~

待つこと10日。来ました(笑)
簡易な梱包で箱はズタズタです。寂しい~
関税は無し「やった!」
しかし地方税500円手数料200円 合計700円
関税無いのに何が地方税なの~何じゃいこの税金?

そんなことより中身が気になります。
ビリビリ派手に開けてしまう自分でした。
キット
(キット内容です)
送料含め $339.63 円換算 27,561円!

比較
(手前がMODEL 2265 向こうが3265)

「えっ!」まったく同じです。
嬉しい反面?MODEL 2265から3265へこの10年。
何処が改良されているのでしょう?
ギヤもカバーも全部一緒!上下や力の調整ネジも「まったく同じです?」
CHAMBERLAIN 様 どう進化しているのでしょうか?
拍子抜けしてしまいました。

脱着
まずは電源外して
こんな小さなモーターですが約80kgの木製シャッターを持ち上げます。すごい!パワー!
本体の取付けネジを外し脚立の上にそっと置きます。
チェーンの調整ボルトを緩めてギヤから外せば終わりです。
古いグリスでベトベトになりながら外します。
新しい3265のモーターに乗替えギヤにチェーンを通して完了。
元にあったところに設置。
「でけた~」へェへェへェ
チェーンを再度締めて電源繋げます。

後は上下の開閉調整・車載リモコンのセット・持ち上げと下りのトルク調整...
10年前作業が蘇って来ました。
「終わった~」
気付けば午後8時!朝10時スタート。
取付けは10時間(笑)

これで明日からしんどい思いしなくて済む(笑)
あまりにも汚れてしまったのと自分のご褒美に近くの銭湯に...やったね!10万は浮いた(笑)
久々にやり遂げた満足感に満ちて湯船にドボン! 

他のお客さんが「このおっさん湯気の中で何でニタニタしとんねん!」
「変なヤツ」と思われても仕方ないほどニタニタした一日でした。

拝啓 CHAMBERLAIN 様
10年先MODEL4265?になっていてもサイズは絶対変えんとってね!

日本のどこかでこのシャッターモーターでお困りの方
今なら応援出来ます...
☆Ster Shutter商会・本牧 阿倍野店(笑)
プロフィール

Ciao! Ciao!     ☆の軍曹

Author:Ciao! Ciao!     ☆の軍曹
他人からは「多趣味ですネ」と言われるけど
本人はぜんぜんそうは思ってない。
もう少し深く育みたい!
これから起こるいろんな体験を
ブログで紹介しようと思います。
Buona giornata!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。