FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目に見えない世界への旅立ち 2016.01.18

僕の父が他界しました。
突然の死では無かったけれど
もう少し頑張ってくれるかな?って期待したけど駄目でした。
残念です。

昨年11月に急に低血圧・嘔吐・下血を起こし緊急入院。
大腸の炎症からの出血
1週間程度絶食での点滴投与
何とか出血も治まり検査開始。

しかしここきて問題があり
10数年前に施術した心臓へのペースメーカーが有る為
MRIの検査を受けれない...
鮮明に患部を探る事が出来ない。

代行の検査でエコーやCTを行い
その後主治医から告げられる

「おそらく膵癌」です
ぼんやり映されているが
胃の漿膜にも広がっている。

以前から思っていた嫌な予感は当たった。

心臓を動かしてくれている金属片が
検査の妨げになるなんて...

しかしたとえ鮮明に映し出されても
結果は変わらない...

さてこれから?
どうするのか...

抗がん剤も効かないだろう。
手術も無理
「麻酔科のOKすら出ないでしょう。」と告げられ
高齢で大腸への内視鏡さえも
破裂の可能性があるから出来ない。
とにかく出来ないだらけである。

後は痛みが出る前に
麻薬投与と炎症の治療
余命は1年らしい。

病室のベットでTV見ている父は
いつものように
辛口のトーク
「こんな入院食 皆よく食ってるな?関心するわ」
相部屋の全員食しながら苦笑い
「おたくらよう食べまんな!」と言いながら
やわらかいご飯と薄味の味噌汁を一口食べたら終了。

栄養を出来るだけ摂らないと
痩せ細っていくばかりなのに
とにかく食べない
点滴に依存するしかないかな...

年明けて5日
病院内での治療は終了して
帰宅して自宅療養の打合せ。
今後は訪問看護と訪問介護のお世話になる。
そのためにケアマネさんと主治医と3名で協議。
「いつまで持つかわからないけど?自宅で過ごしてもらいましょう」

父親はいつでも帰れるように
病院内を歩いて運動している。
院内感染か?風邪を引き
それから一揆に悪くなり
18日早朝
息を引き取りました。
本当なら家に帰れたのに残念。

御通夜・葬儀と慌しく過ぎ...
僕は本日から仕事復帰。
区切りがついて
ぼ~と思いにふけてたら
「そう~いやブログ更新してないな?」

当年86歳
人生の長さでは十分ではあるが
もう少し長くいて欲しかったと思えて仕方ない。

20代で大阪に出て独立
後から追いかけて着た母と結婚。
沢山の職人を育て上げ
人の面倒をみて...

趣味のゴルフは一時はかなり良いところまでいってたらしい
毎日御前様の大酒呑み
話好き
60半ばで僕の影響でハーレーに乗り出し
一緒に全国各地をツーリングで周る。

晩年は介護のお世話になりましたが
辛口トークでも嫌われず
介護施設の方やヘルパーさんに
可愛がられて
「私は人気者」なんて小憎たらしく豪語 (笑)

ほんと幸せな人生だったかも...
父の人生を箇条書きにして
指で数を数えてみたら
そんな気がしてきました(笑)

母が15年前に他界
そして父。
これで僕は両親がいなくなったわけです。

御通夜も葬儀も参列してくれた人は
決して多くはなかったけど
あれだけ泣いてくれる人の多い葬儀も
珍しい気がしました。

最後に父が羨ましく思えました。

僕もそんな終わり方が出来る
人生にしないとね!

ではまたまた頑張ろう~

今年も通常ブログスタートします(笑)



ではね お父さん ありがとう!




スポンサーサイト
プロフィール

Ciao! Ciao!     ☆の軍曹

Author:Ciao! Ciao!     ☆の軍曹
他人からは「多趣味ですネ」と言われるけど
本人はぜんぜんそうは思ってない。
もう少し深く育みたい!
これから起こるいろんな体験を
ブログで紹介しようと思います。
Buona giornata!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。