FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人へのプレゼント 2014.11.03


友人宅をリフォームさせて頂きました。
仕事を頂いたお礼の気持ちと
長年共に走り続けてきた感謝の気持ちで
テーブルを製作しました。

「何を走り続けたの?」って
言われそうですが
ハーレー・ダビッドソンのお友達です。
20年代かな?長いね!

定年を身近に控え
先を見据えた住宅に改造したいというリクエスト
設計だけではなく
今回は僕が施工管理も勤めました(笑)
簡単にいうと現場監督さんです。
施工管理は久しぶりでちょっと緊張気味でしたが無事に完成!

友人には大変喜んでもらえた上
僕自身も出来る事はすべてやれたな!と
実感を持てた改築工事でした。

工事のことばかり書いてしまいましたが
では!製作を案内します。

[製作DETA]
ダイニングテーブル
オーク材 1500x730x32mm 五枚剥ぎ
仕上げはオイルフィニッショ
今回はプラネット・ジャパンのグロスクリアオイルを選択しました。
あえて艶を出さず3分艶くらいに仕上げます(笑)

剥ぎ合せ-4     ビスケット-1
5枚剥ぎ
板の組み合わせを
変えながら一番いい木目を選びます。
よし!これでいくか!って感じで(笑)

柄が決まればビスケットカッターで
どんどんジョイントを彫っていきます。

クランプ-1
ボンドを塗ってビスケットを差し込んで
クランプで締め付けます。
おなじみのポニークランプでグイグイいきます。
とりあえずこれで一晩
天板のBASEの完成!
かんな掛     
かんな掛け
天板→小口削りと進みます。
木目に沿って掛けていきますが
差目があります!慎重に。

側面は全て斜面15度
シャープに見えるようにします。

     
さて問題はこの斜面削り
硬いし端部を欠けさせそうで怖いですね。
あまりカンナ掛けでは正解とはいえませんが
刷毛で水を塗り柔らかくして削ります。


木の手触り感を残すためサンダー掛けは#240までとしました。
オークはこれくらいの仕上げ方がいいように思いますね。

     
そしてオイルフィニッショ
オイルを塗り時間をおいてふき取ります。
グロスクリアオイルは少し硬いかな?
粘度があるからだと思います。
乾燥させて完成(笑)

脚は特注しました。
スチールの角パイプで黒皮塗装。

なんと!
彫刻家の橘信行さんに製作してもらいました。
凄いね!

     

参考に橘氏のHP掲載しときます。
http://www.geocities.jp/ntland1966/worksamuneiru.html


渋い感じが出ましたかね?
3分艶の
予想通りの仕上がりになりました。

ダイニングスペースの予定の位置にセット。
これで食事楽しんでください。

友人の奥様から
えッと椅子は?
それは購入お願いします~(笑)
 
10月はブログ更新してなかったな?反省!
では次回は
ところで事務所のテーブルはどうなってんの?を掲載します(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ciao! Ciao!     ☆の軍曹

Author:Ciao! Ciao!     ☆の軍曹
他人からは「多趣味ですネ」と言われるけど
本人はぜんぜんそうは思ってない。
もう少し深く育みたい!
これから起こるいろんな体験を
ブログで紹介しようと思います。
Buona giornata!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。